リフォームに頼らなくても済む方法

マジ!ペット預かり > 注目 > リフォームに頼らなくても済む方法

リフォームに頼らなくても済む方法

手間や時間がかかることのほか、不動産会社に支払う仲介手数料は住宅売却に際して最も高いハードルかもしれません。

 

手数料は売却代金の3%に6万円と消費税を足した額が上限ですが、不動産の価格次第では100万円を超えることもあります。

 

それに、売却で利益が出れば、所得税と住民税の課税対象にもなりえます。

 

転居費用も必要ですし、出費の額は把握しておいたほうが良いでしょう。

 

不動産会社を介して物件を売却する時は、少なくても2社以上、できれば数社に見積りを依頼し、良さそうなところを選び出します。

 

続いて売り出し価格を決め、業者と媒介契約書を交わします。

 

一口に契約といっても3種類あり、売主が買主と直接契約できるかどうか、不動産業界内の仲介物件情報に物件を登録するかどうかといった条件の違いがあるのでよく考えて選択しましょう。

 

やがて買い手がついたら売買を仲介する業者の立ち会いのもとで売買の契約を締結し、物件引渡しと代金の精算を行います。

 

「不動産を売却するときはリフォームが必要」と決まっているわけではありません。

 

そもそも、リフォームに何百万もかかっている物件にしても、それだけ売値がアップするなんて断言はできないのです。

 

どうしてもリフォームを行うのだったら、特に内覧で印象を左右しそうな箇所に絞って行った方がコスパがいいでしょう。

 

それから、明るくて広い部屋に見えるよう、汚れや余計なものを取り除いておくとそれほどリフォームに頼らなくても済みます。

藍の青汁



関連記事

  1. リフォームに頼らなくても済む方法
  2. 少し面倒でも実行してみる
  3. 脂肌の元となる男性ホルモン分泌をブロック
  4. 経済観念がしっかりしている中1の男の子に出会った
  5. 不動産会社が売り手の場合
  6. 技術の進歩に感謝
  7. 大阪でフラッシュモブの事を相談
  8. パールホワイトプロで知りたい事
  9. ネット上の情報を信用しすぎ